世の中取扱説明書「本モノ」

本物の本やモノなどを紹介し、世のトリセツとなるようにします。

教育の理想形 「フィクサーによる日本の教育改革本」1

教育の理想形 「フィクサーによる日本の教育改革本」1

 

構想3〜5年以上の執筆物です。

 

フィクサーだと僕が思う理由は2014年頃(正確には2013年頃から着手)から、この本を書き始めており、それと連動して日本の教育改革も進んだことがまず挙げられます。

 

また、それ以上の確固たる証拠もありますがそれは伏せることにします。(本が1冊書けるほどの情報量になります)

 

 

僕がこの本を書いてもかまわない理由(いわゆる立ち位置、ポジションについて)は以下の記事をお読み下さい。「日本の教育改革をフィクサー風に語っている。PART5。

yononakatorisetu.hatenablog.com


 

まず成功法則を知ることことで日本人の教育改革の根本を変えることができます。以下の記事をお読み下さい。

自己啓発本を不要にする成功法則」引き寄せる成功PART1。

yononakatorisetu.hatenablog.com

自己啓発本を不要にする成功法則」引き寄せる成功PART2。

yononakatorisetu.hatenablog.com

 「自己啓発本を不要にする成功法則」引き寄せる成功PART3。

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

ここまでの知識が入っているという前提で話を進めます。

 

目次。

「本題に入る前の前置き」

序章「今の日本の世の中の構造を把握する」

第1章「日本経済の低迷の原因 マクロ経済など」

第2章「イノベーター不足が、日本経済低迷の要因」

第3章「日本の高学歴が日本を救えない理由」

第4章「日本の高学歴の問題点」

第5章「日本がイノベーターを育てるにはどうすればいいか+α」

第6章「日本の教育の姿」

第7章「日本の労働環境」

第8章「日本の大学受験の最大の問題点」

第9章「大学入試で、日米間に差がついていると思われているが、本当だろうか?」

第10章「私が考える理想の大学受験制度とイノベーターを量産するための秘策」

第11章「そもそも資本主義に限界があったとしたら」

第12章「そもそもイノベーションは国家の力が大だったとしたら」

第13章「そもそもイノベーターを前提とする社会システム自体に問題があるとしたら」

第14章「日本のモノづくりの姿とはどうあるべきか?」

第15章「日本が今後、改善すべきこと」

第16章「日本に今後、必要な人材とは?」

第17章「私の日本の教育の構想」

第18章「今までの章のまとめ」

第19章「教育改革によって成し遂げたい私の提言」

終章

 

本題に入る前の前置き。

1 情報格差と実行力格差。

2 僕の本は人生の指針書&人生・世の中の心的イメージ作成書です。

3 普通の人は読書で学ぶべき。

4 皆、自分事にしか関心がない

5 自己評価と他者評価の話。

6 多くの人は文章をちゃんと読んでもないし理解もしてない残酷な事実。

 

1 情報格差と実行力格差

 

知識があるかないかで差がつく段階のことを情報格差と言います。次に知識があるなしの段階を超えて実行できるかできないかで差がつく段階のことを「実行力格差」と言います。

 

世の中、「分かっているけど、できない」ことは多いです。

 

この構図を4象限にまとめました。

1  知識がある人&実行して結果を出した人

2  知識がある人&実行できなく、結果を出せなかった人。

3  知識がない人&実行して結果を出した人。

4  知識がない人&実行できなく、結果を出せなかった人。

 

1の人は理想系です。きちんとした知識があることから方法論にも詳しくコーチやマネジメントもできますね。

 

2の人は情報だけはあるのですがいわゆるノウハウコレクターと呼ばれる人達で実行段階でつまずいています。情報や認識さえもない人が大半ですので何もない人達に比べたらマシです。

 

3の人は実践派であり天才肌です。ただし理論や方法論や知識が乏しいのでなぜ成果が出たのか不明で人に教えることが難しいです。再現性も低いです。野球の長嶋茂雄さんでしょうか。

 

4の人は世の中の大半の人達です。情報も知識もなく、その上実行段階でもつまずいています。3の天才肌になるのは難しいのでまずは知識武装をしましょう。  

 

2 僕の本は人生の指針書&人生・世の中の心的イメージ作成書です。

 

僕の本は教育に関する俯瞰図・全体図ですが「人生の指針」ともなりうる内容となっています。

 

民間(ビジネスの世界)から逆算して教育改革を構想しているのと民間で活躍する人材を突き止めようとしたからです。

 

詳しくは以下の記事をお読み下さい。「日本の教育改革をフィクサー風に語ってみる。PART3。

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

もしくは「人生や世の中に対する心的イメージを作る本」とも言えます。

 

心的イメージとは、プロ野球で例えるとプロの人達は過去の膨大な練習からプロ野球のことを熟知しており、素人からは「あの場面でなぜあの球を投手が投げるの?」などは意味不明ですが、そのこともよく分かっているイメージのことです。

 

プロと素人では見ている世界が異なっておりそれは心的イメージなのです。

 

僕の本を読むと教育だけでなく広く民間についても分かるので人生全般に対する心的イメージが形成されると思います。知っていることで心的イメージが形成され情報格差が埋められます。

 

後は実行段階で実践し、心的イメージを実感することです。実践していくうちに心的イメージができるのが普通であり、本で読んで知識だけ入れても何となくそうなのかな?と思うだけで実感は沸かないでしょう。

 

僕の本である程度の心的イメージを作り、実践でのヒントに僕の本を活用し、さらには読者自らが自身の経験に基づいた心的イメージを作り、結果を出してもらえたらと願っています。

 

僕の本を叩き台とし、人生のショートカット(近道)として利用してほしいと思います。

 

注意点として伝聞の集まりなので(全ての人の経験はできない原則なので)間違っている箇所がある可能性もありますがどんな本でも少なからず間違いはあるものです。(科学も仮説ですからね)

 

僕のキュレーターとしての膨大な情報収集と整理によるこの本によって、読者の頭の中は整理され、人生で有利に生きられると信じています。

 

3 普通の人は読書で学ぶべき。

 

国民の半分が本を読みません。そのことを僕は憂いています。

 

なぜなら普通の人は耳学問する(話を聞く)ことが難しいからです。耳学問できる人は有力なコネや人脈がある人限定です。ちなみに以下の記事で個別コンサルや個別講師は贅沢品であると書いています。マネジメント初心者シリーズ3「個別指導・個別コンサルは贅沢品である」。

 

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

ということは普通の人は読書で学ぶしかないのです。

 

しかも、耳学問できる人脈を築くにはそれなりの人物になっていないと無理なのです。(相手にされません )

 

個別コンサルも個別講師も耳学問もできないのなら、本で独学が基本戦略になります。

 

情報の扱いについては以下の記事をお読み下さい。

 

最強の勉強法は一流人からの個別指導・個別コンサルになりますがそれは不可能です。

 

例えるならテニスの錦織選手が個人指導をしてくれるかといったら時間的にも自分の試合があることからも無理です。

 

となると個別指導や個人コンサルというのは本来なら二流人以下がやっているのです。(一流人は物理的に無理だからです)

 

二流人以下からでも個別指導を受けられるとしたら、得るものはあるかもしれませんが本であれば一流人のエッセンスが詰まっていますし、大学受験でも一流の予備校講師の授業はN高校やスタディサプリなどで配信されています。

 

上達速度は以下の図になります。

一流人の個別指導 > 二流人以下の個別指導 か 一流人の本やネット配信など。

 

コツさえ自分で掴めば三流人の個別指導よりも、一流人の本やネット配信で上達できるでしょう。

 

暗黙知形式知化、つまり文章化や動画化して多くの人を救うために本やネット配信はあります。

 

メディア(TVなど)も一定の価値はありますが、断片的であり全てが網羅されていません。

 

本やネット配信の方が網羅されており、しかも費用が安いです。

 

ここで注意点は人には認知特性がある点です。以下の記事に詳しく書かれています。書評・レビュー・認知特性「得意がわかれば自分が伸びる40問テスト」。

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

聴覚派の人は本で学ぶのが苦手なのです。そういう人はネット配信の動画を見ましょう。

 

また大多数の人は自分の人生で精一杯であり、余力がある人以外助けてくれません。

 

基本的には自己責任で切り開くのが今の日本社会の原則です。以下の記事に書いています。「自己責任過剰の時代」というタイトル記事です。

 

そんなとき頼りになるのがまず身内(親や友達)であり、本やネット配信になります。

 

自己責任過剰時代を生き抜くのに本を読めることの優位性は有利に生きていく上で欠かせないでしょう。

 

だからこそ、日本人の半分が本を年間1冊も読んでないことに驚くとともに憂いたわけです。

 

 4 皆、自分事にしか関心がない

人間は自分事(自分に関係していること)には関心を向け熱心になりますが他人事となると無関心になり行動しません。

 

例として受験生は目の前の大学受験の勉強は自分事なので勉強しますが、将来の進路や就活や世間の話題や家族のことなどについてはリソースが割けないのもありますがとりあえず視野から外れます。

 

大人でも自分の専門分野については熱心ですが専門外については関係ないという態度の人も多いです。

 

出世を目指すとしても出世してから考えればいいという考えの人ばかりです。(目先のことしか目を向けません)

 

ですが本当に出世する人は平社員の頃から「自分が社長(やCEO)になったらどうするか?」や一般人の頃から「自分が首相や親や芸能人になったらどうするか?」まで考えています。

 

そこまで入念に準備してこそ本当の実力者になれると僕は思っています。

 

行き当たりばったりで目の前のことを全力でこなして出世する人も中にはいますが本当の実力者ほどキャリアパスをきちんと考えており、若い頃から野望が大きいのです。

 

出世してから訓練しようとしても遅すぎるか時間が足りなくて役目を果たせないのですね。

 

またスマトラ沖の地震が起きた際、津波が発生しましたがあれを他人事と思わず自分事と日本が考えていたら、3.11のような悲劇は防げた可能性があります。

 

人間は今必要で目の前の関心があることにしか目を向けないですし行動しませんがそれは能力構築においては間違いか非効率になるか本当の実力者になれないのです。

 

僕の本は教育についての本ですが人生の指針書や心的イメージ作成書でもあり、教育に無関心な人も自分事として捉えて読んで貪欲に吸収してほしいと思い、この章を書きました。

 

また世の中において自分のことだけを考えて生きていくのだとしたら、特殊?な自分という存在に当てはまる理論や方法を試して実践していけばいいと思われたのではないでしょうか?

 

ですがそれだけでは限界がきます。自分のことだけ考えても世の中は他人との関係性で回っているので他人のことや世間もある程度知らないと生きづらくなるのです。

 

例として子育てや夫婦や恋人や部下の指導などがあります。

 

世の中の例で言えば株式市場(美人投票でやらないと失敗します)や様々な予測(経営や経済や未来予測など)やビジネス(顧客のニーズ、つまり他人を熟知しないといけません)があります。

 

美人投票とは「自分が美人と思う人ではなく、皆が美人と思う人を当てるゲーム」を指します。

 

自分のことしか考えていないと通用しなくなるのが世の中なのです。

 

さらに言うと仕事とは他人を喜ばせるか、他人の役に立つことであり、自分視点の人は仕事人ではありません。

 

子育てや部下の指導や夫婦や恋人や株式相場や予測やビジネスや仕事など他人視点が重要な世界は多いのです。

 

ですが脳の大脳辺緑系(本能部分)は道徳的な正しさや他人のため(利他心)などないそうです。

 

本能のままに生きると自分のことばかり考える生き方になります。

 

ここに他人のことを考えると社会性が生まれます。

 

「自己中心的に生きろ」と勧める本は基本的に利他的な人にはバランスが取れていいのですが本来の自己中心的な人が読むと酷くなりますので要注意です。

 

ぜひ自分事として僕の本を読んでほしいと思います。

 

 以下は次の2つの記事が続きます。

 

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

その他

では、前置きはこのくらいにしておきます。

 

教育についての考察のために、まず、今の日本の世の中の構造がどうなっているのか?について書いていくことにします。日本の世の中の構造が判明したら、現状把握ができたことになります。そして、現状把握ができたら、改善のための道筋が見えてくると思われます。

 

もちろん、世界との競争ですから、世界との比較もなるべく取り入れたいです私の大量の読書経験を通じて、日本の教育についての改善提案(または、日本の国力を上げるための提案も)と考察を行っていきたい所存です。

 

以上です。

 

イノベータ−を育てるイノベーターという立ち位置(変人?)の教育改革本でもありますので(一般層向けの心的イメージ養成書としても書きましたが)、あまり理解されないか多くの読者層は獲得できない内容の本かもしれません。

 

ホリエモンも以下の動画で言っています。

www.youtube.com