スマホで読めて真の実力者になれる「世の中取扱説明書」

スマホで読めます。通勤時間や隙間時間に忙しいビジネスマンや時間を持て余している学生さんなどに読んでもらいたいです。真の実力者になりましょう。

頭がよい人とは?「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」

頭がよい人とは?「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」というタイトルで話していきますね。

 

読者ターゲット。(読んで欲しい人)

タイトルに興味を持った人。 

 

ゴール。(この記事を読んで得られること)

タイトルの意味が分かる。 

 

では書いていきます。

 「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」

 

目次。

  

1 「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」の概要

2 インプット・アウトプットの適性・優位性

3 僕の結論

4 インプットの盲点

 

「頭の良さとは表現力(アウトプット)である」の概要

  

僕が最近、気づいたことを書きます。頭が良い人とは表現力(アウトプット)が優れている人のことだなと。

 

僕が考える頭の良さとは「推論能力が高い、問題解決力が高い、意思決定力が高い、アウトプット力が高い」などがあり、表現力(アウトプット)はその一つです。他にもあるかもしれませんね。

 

で、そのアウトプット方法は文章でも話すことでもプログラミングでも数式でもいいのです。

 

インプットの手段は人によって異なります。聴覚派はTV番組や講義や人になるでしょう。視覚派は本や参考書になるかもしれません。

 

いずれにせよアウトプットの是非で、その人の能力の優劣を測るべきだと僕は考えています。今の大学入試ではインプット偏重でアウトプットが軽視されていました。

 

アウトプットといっても小論文(一部の大学)や記述式で多少測られる程度です。大学教授の世界では論文重視です。書くことに対する能力の優位性が高いのです。

 

しかし中には、書くことが苦手でも話すことが得意な人はいます。逆に僕のように書くことは得意でも話すのはそれほど得意じゃない人もいます。

 

書く、話す、さらにプログラミングや数式でもアウトプットが素晴らしければその人は頭が良いと思うのです。

 

インプット・アウトプットの適性・優位性

 

アウトプットの適性は人によって異なります。その人に合ったアウトプット手段で表現すればいいのでしょう。

 

これを頭の良さだけでなく、能力にまで拡張すれば「音楽、漫画、彫刻、スポーツ、演技など」で上手く表現できる人は能力が高いと言えるでしょう。

 

ところでインプットも人によって異なります。聴覚派の弱点は良い人脈がいないと良い情報収集ができない点です。本から学びにくいのですから。

 

話すのが上手い人はたいてい、情報収集も聴覚派のケースが多いと感じます。そういう人は本から学びにくく、文章で表現もしないので大学入試や論文では評価されないのですが頭は良いのです。

 

図にするとこんな感じです。優位性の違いです。

 

インプット          アウトプット   

 

1 聴覚(TVや講義や人など)   聴覚(話す)    

2 聴覚(TVや講義や人など)   視覚(書く)    

3 視覚(本や参考書など)    聴覚(話す)

4 視覚(本や参考書など)    視覚(書く)

 

日本の大学入試(試験系全般)では1のタイプは軽視されています。2のタイプは予備校や学校の授業で伸びるタイプです。3のタイプも日本では実力を発揮できません。4のタイプはもっとも評価されています。

 

ただしTVなどのメディアになると、とたんに1や3のタイプも評価されます。話術がモノを言うのです。または万能型ですね。

 

聴覚からも視覚からも吸収できてアウトプットも両方(話す、書く)できる人。これにアウトプットの手段として、プログラミングや数式も加えることができますが複雑になるので割愛します。

 

僕の結論

 

結論として頭の良さはアウトプットで測ろうという話でした。

 

文章、話術、プログラミング、数式などアウトプットが素晴らしい人はやはり頭が良いのです。話し下手でも違うアウトプットで優れていればその人は頭が良いのです。

 

文章が書けなくても話が上手い人は頭が良いのです。表現手段の違いなだけです。

 

逆に頭が悪い人はインプットだけの人でしょうか。文章、話術、プログラミング、数式などで表現できない人です。頭脳の話であり、能力ではありません。

 

ただインプットだけして、アウトプットできなければその人は何をしているのでしょうか?単なる作業者でしょうか?頭脳労働をするならば作業者ではダメです。

 

僕は頭脳労働者の場合、その人がどんなアウトプットをするか?で見ていこうと思っています。文章、話術、プログラミング、数式などです。

 

インプットの盲点

 

能力で見るならば「音楽、漫画、彫刻、スポーツなど」多数です。単なるインプットの人は頭が良いとは思いませんよね?

 

同意でしょうか?実は盲点があります。膨大なインプットがまるで無意味かと言えばそうではないのですね。

 

膨大なインプットは明確な言語化によるアウトプットにまで至っていなくても無意識下には蓄積され、その膨大なインプットは意思決定、問題解決に影響を与えている可能性があるからです。

 

意思決定、問題解決が優れている人も頭が良い人の分類なのでアウトプットが明確にできない人でもそれらが優れていれば頭が良いとは言えます。

 

とはいえ僕はアウトプットを重視していこうと考えていますが。文章はそこそこいけますが話術、プログラミング、数式が課題です。

 

ではこの辺で。