スマホで読めて真の実力者になれる「世の中取扱説明書」

スマホで読めます。通勤時間や隙間時間に忙しいビジネスマンや時間を持て余している学生さんなどに読んでもらいたいです。真の実力者になりましょう。

反面教師とは?反面教師や質の低いモノを見ることは大事である

どうも、「世の中取扱説明書」です。

 

反面教師とは?「反面教師や質の低いモノを見ることは大事である」というタイトルで話していきますね。

 

読者ターゲット。(読んで欲しい人)

タイトルに興味を持った人。

反面教師の本質を知りたい人。

 

ゴール。(この記事を読んで得られること)

タイトルの意味が分かる。

反面教師の本質が分かる。

 

では書いていきます。

 

 世の中、反面教師がいますがその言葉通り「教師」だと感じます。

 

人は比較してこそ世の中の人の標準や基準が分かるようになります。

 

「いい人」ばかりに囲まれていたら「ヤバイ奴」や「嫌な人」の酷さも実感しませんし、または「いい人」がどれだけ価値ある人なのかさえ区別できなくなります。

 

人だけでなく「モノ」についても言えます。

 

「質の低いモノ」に接してこそ、「質の高いモノ」の価値の凄さやありがたさが分かるのです。

 

モノではなくサービスの話になりますが、日本では「水」と「安全」がタダと言われています。

 

ですがおそらく外国にいけばタダではありませんから日本の「水」と「安全」の素晴らしさを再確認できるのです。

 

また交際経験のない男女ほど相手への理想像が極端に高くなる傾向があります。

 

比較基準を得ていない、いろいろな男女を見ていないからです。

 

たくさんの男女を見ればいかに自分が「高い理想像」を追い求めていたか身にしみるはずです。

 

このように反面教師や質の低いモノを見たり接することにもいい面があるのです。

 

反面教師の嫌な上司や親に育てられた場合、自身は「ああはなりたくない」となって良い子になることも多いです。

 

良いお手本ばかりが教師なのではなく、まさに「ああはなりたくない」という反面教師なのです。

 

反面教師や質の低いモノからもたくさんのことを学べます。

 

同じく成功からだけでなく失敗からも多くのことを学べます。

 

成功者はいろいろなやり方で成功したのかもしれませんが失敗するときは似ている面が多いそうです。

 

ということは失敗集を作り、失敗を回避するのも成功への道と言えるかもしれません。

 

最後にタイトルを強調して終わりとします。

 

人は失敗からも反面教師からも質の低いモノからも学べるのです。

 

逆境にいて恵まれていない人はその経験が後で役立つこともありえます。

 

ではこの辺で。