スマホで読めて真の実力者になれる「世の中取扱説明書」

スマホで読めます。通勤時間や隙間時間に忙しいビジネスマンや時間を持て余している学生さんなどに読んでもらいたいです。真の実力者になりましょう。

ゲッターズの占いは当たるのか?「ゲッターズ飯田の占いはほぼ信じていないが彼の人脈網による予測は当たる可能性があると思っている。」

どうも、「世の中取扱説明書」です。

 

ゲッターズの占いは当たるのか?「ゲッターズ飯田の占いはほぼ信じていないが彼の人脈網による予測は当たる可能性があると思っている。」というタイトルで話していきたいと思います。

 

読者ターゲット。(読んで欲しい人)

ゲッターズ飯田氏に興味がある人。

占いに興味がある人。

 

ゴール。(この記事を読んで得られること)

タイトルの意味がわかる。

 

では書いていきます。

 

 

まず以下の動画を見て下さい。

www.youtube.com

 

 

占いは僕は基本的に信じていません。

 

過去の細木数子さんのような占い師もそうですし、巷の占い師もまったく信じていません。

 

ですがゲッターズ飯田さんは少し僕は違います。

 

その前にゲーターズ飯田さんは2018年の占いを的中させたようです。

 

政界や官僚系で事件が起きると言っていました。

 

現に2018年は朝日新聞発の森友問題が起きています。

 

僕はこの予測は当たるかもしれないと思っていました。

 

理由はゲッターズ飯田氏の占い能力じゃなくて、彼の芸能界などあらゆる人脈網が凄いと思っているからです。

 

つまり人脈網からゲーターズ飯田氏は密かに聴いており、それを発表しただけだと僕は考えています。

 

ある意味、メディア系や人脈網がゲッターズ飯田氏という占い師を通じて「世間に暗に世の中はこうなるよと方向性を暗示させている役割にさせているのでは?」と邪推さえしてしまいます。

 

占い師だから外れても文句を言う人は少ないでしょう。東スポのようなものかもしれません。東スポは裁判にさえなりません。皆、ガセだと思って読んでるからです。

 

本当は真実の可能性があるけど訴えられないためには東スポを使うという手もあるわけです。

 

それと同じような役割がゲッターズ飯田さんにはあるのかもしれません。(あくまで推測です)

 

ゲッターズ飯田さんはメディアからのリークにより、真実を言う場合もあり、たとえ外れても「占いだから」と文句も言われません。

 

占い自体は僕はほぼ信じていませんが、その背景にあるモノ(人脈網など)は信じるに値すると考えています。

 

ちなみに週刊現代の占いも一時期、見ていましたがまったく当たりませんね。あれは情報網もないのでしょう。見るに値しませんね。

 

ではこの辺で。