スマホで読めて真の実力者になれる「世の中取扱説明書」

スマホで読めます。通勤時間や隙間時間に忙しいビジネスマンや時間を持て余している学生さんなどに読んでもらいたいです。真の実力者になりましょう。

「超一流・一流とは?」本当にできる人は問題を解決する人じゃないPart2

どうも、「世の中取扱説明書」です。

 

「超一流・一流とは?」本当にできる人は問題を解決する人じゃないPart2というタイトルで話していきますね。

 

読者ターゲット。(読んで欲しい人)

タイトルに興味を持った人。

 

ゴール。(この記事を読んで得られること)

タイトルの意味がわかる。

 

では書いていきます。

目次。

1 前回の記事の要約。 

2 超一流人の定義と超一流人になるには?

3 超一流人になるための方法。

4 まとめ。

 

1 前回の記事の要約。

 

まず前回の記事です。

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

簡単に要約します。

 

本当にできる人(超一流)とは難しい問題を解決できる人ではなく、そもそも問題を起こさない人だという主張です。

 

問題が起こらないように未然に防止する人とも言えそうです。

 

それに対して一流は難しい問題を解決できる人であり、問題防止まで至りません。

 

ただし問題を起こさない人にはもう一種類いて、それは「難しい問題に挑戦しない人」となります。

 

難しい問題に挑戦しなければ問題は起こりません。問題が起こるということは難しい問題にチャレンジしているからこそ直面することが多いのです。以上、ここまで。

 

2 超一流人の定義と超一流人になるには?

 

超一流を「難しい問題にチャレンジしていながら、そもそも問題を起こさない人」と定義するとします。

 

そうであると結果を出し続ける、つまり勝ち続ける人ほど高度なことにチャレンジしていながら問題を起こしていない(課題として浮き彫りになっていない)と言える率が高いと言えます。

 

もちろん資源制約下にある人が大半であり、戦力差もありますから単純に勝ち続ける人だけが超一流なわけではありません。

 

ですが高い勝率を誇る人ほど問題、課題を予防している率が高い傾向にあり、超一流と僕は言えると感じます。

 

サッカーについて僕は以下の記事でいろいろと述べました。

 

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

サッカーは勝負事であり、if(たられば)がありまくる世界です。

 

本当にできる人(超一流)ほど実は課題が出てこないで勝ってしまう人なのです。

 

一流ぐらいになると試合を終えてから課題が出てきます。

 

起きた後に初めて課題だと気付くのです。(そういう人が大半です)

 

しかし超一流になると結果が出てしまうので、課題だとすら認識されません。

 

なぜなら課題だと認識する前に事前に気づいて対処しておくからです。

 

だからこそ、課題だと初めて認識することはありませんし、たとえ問題が起きても想定内になるのです。(分かっていたけど実力不足でやっぱり露呈した弱点ということになります)

 

では超一流人になるにはどうすればいいのでしょうか?

 

3 超一流人になるための方法。

 

それは予測力をつけることです。

 

または常に仮説や予測をし、試行錯誤を続けることです。

 

具体例を出しましょう。

 

人との会話において普通の凡人は相手が話をし終わってから相手の話を理解できることが多いです。

 

ですが超一流人になると相手の話を予測しながら聞いているのです。

 

何となくの話の流れから「こういう展開になるのだろうな」と考えながら聞き、自分の中で当たっているか確認する習慣があります。(この際、相手に「こういうことでしょ?」と気づいていることを言うと相手の気分を害す恐れがあります)

 

サッカーの西野監督も日々、細かいことで予測する癖をつけていたそうです。

 

僕も超一流人を目指して普段の会話から始まり、細かいところで日々、仮説と予測をする習慣をつけています。

 

これをやると結末が訪れる前に課題を発見できるようになるのです。

 

課題が見えたら予防策を取れますので、予防策を取らないよりは結果が出やすくなりますし、後で課題だったとなることが少なくなります。(つまり想定内になります)

 

起業の世界では「とりあえず動けや動いてから考えよ」と言われますが、それは1勝9敗でもいいからであり、勝負ごとの世界(スポーツなど)では1回でも負けると敗退することがあります。

 

失敗が許されない世界ではなるべく失敗の確率を下げなければならず(そうじゃないと敗退)、そのためには予測力と仮説力をつけて事前に課題を察知することが必要なのです。

 

例えばアスクルで倉庫火災事件がありましたが、これを対岸の火事と見ずにAmazonなどの物流倉庫を持つ企業は重要視すべきです。

 

Amazonは特に物流倉庫が重要要素なのでこれが火災になったら被害は甚大です。だからこそ徹底的な火災などの事故予防をしなくてはいけません。

 

4 まとめ。

 

超一流人はこのように日々、問題にチャレンジしつつ、課題となる前に仮説と予測力で事前に課題だと認識して対処しておいて、結果を出しやすくするようにしています。

 

未然に察知して課題を認識し、対応策を取っておき、たとえ実力不足やリソース不足などの理由により結果がでなくても少なくとも想定内にはできるということです。

 

一流人は後で「これが課題だったか」と初めて認識し、想定外のことが多くなり、防止ができないのです。

 

これが一流と超一流を分ける些細な差だと想います。

 

ではこの辺で。