世の中取扱説明書「本モノ」

本物の本やモノなどを紹介し、世のトリセツとなるようにします。

影響力のある人とは?Vol.1インフルエンサー、アンバサダー、エバンジェリストにも言及します

どうも、「世の中取扱説明書」です。

 

日本で今後必要な人材の特別版として稀少な話を書きますね。

 

「影響力のある人」について書いていきます。(インフルエンサー含みます)

 

今後の時代は影響力がある人が有利に生きられる時代になると僕は確信しています。

 

影響力があれば世の中を動かし、たくさんの人に影響を与え、世の中とまではいかなくても社内での発言力が増して有利な立ち位置になります。

 

影響力こそが有利に生きられるスキルになります。

 

読者の皆さんもぜひ「影響力がある人とはどういう存在なのか」を理解して、応用できるところは盗んでしまいましょう。

 

では具体的な例を挙げていきますね。

まず読者の多くの人に関係ない「影響力のある人」について書いていきます。

 

MECE(ミーシー)したので、一応「影響力のある人」を分類し網羅しておきます。(辞書みたいなものです)

 

Vol2の記事に読者に関係があり、なれそうな「影響力のある人」を書くので興味がない人はVol.2に飛んでください。

 

では書いていきます。

 

 

目次

1 金がある人。

2 地位が高い人。

3 メディア(特にTV局)

4 外見が良い人。

 

では書いていきます。

 

1 金がある人

例えばロックフェラー家は1000兆円の資産があり、ロスチャイルド家は一京円の資産があると噂されています。

 

これだけの資産があれば影響力はかなりのものでしょう。

 

2 地位が高い人

大統領、首相、社長、幹部職などであれば権限をもっています。

 

当然、影響力は高いです。(同時に責任も重くなります)

 

3 メディア(特にTV局)

TV局は一番、一挙に大衆に訴えかけられる媒体です。この影響力は日本一でしょう。

 

日本ではTV局が世論を誘導しているとさえ思います。

 

また週刊文春などの週刊誌も影響力を発揮してきたと言えるでしょう。週刊誌で人生を狂わされた芸能人、有名人は数知れません。

 

4 外見が良い人。

 

差別的な表現に聞こえるかもしれませんが外見が良いというだけで影響力が出てしまいます。

 

外見が魅力的だと中身まで良いように見えてしまうのです。外見が良いとは芸能界などのトップクラスを指します。

 

外見が良いだけでちやほやされ、人が寄ってきます。これはある意味、影響力があると言えるでしょう。

もちろん外見だけの人を嫉み、蹴落とそうとする人達も出てきます。外見は魔力であり異性に対しては特に影響力を発揮します。

 

女性の美人は特に男性からちやほやされます。美人というだけで注目されるということは影響力があるのでしょう。

 

ただし美人の女性には注意点があります。

 

若いうちは何も努力しなくても外見だけでちやほやされて異性からのアタックは多いのですが、30歳を超える頃になるとアタックは極端に減ります。

 

30歳までに中身(コミュ力含む)を鍛えておかないと男性側としては外見は30歳では衰えていると感じているので、外見と内面のギャップでもうアタックしようとすら思わなくなるのです。

 

女性側としても30歳になってもいつまでも外見が良いという認識でいるので、まだまだアタックが多くくるだろうと思っていますが現実は減っていき、そのギャップに戸惑うのです。

 

美人の女性は内面もきちんと育てていかないと30歳を越えた頃から、人生がイージーモードから急に厳しくなっていきます。

 

異性からのアタック減少、若い頃のような何もしなくてもちやほやされることの減少、異性からの支援も減少となります。

 

多くの読者がなれそうにない関係ない記事で申し訳ないですが辞書的な意味で載せました。(一部の人はなれるか、関係あります)

 

ご了承ください。

 

Vol.2へ続きます。