スマホで読めて真の実力者になれる「世の中取扱説明書」

スマホで読めます。通勤時間や隙間時間に忙しいビジネスマンや時間を持て余している学生さんなどに読んでもらいたいです。真の実力者になりましょう。

人が変わるきっかけ「環境がそこまで良くない中でのし上がるためには?」

どうも、「世の中取扱説明書」です。

 

人が変わるきっかけ「環境がそこまで良くない中でのし上がるためには?」というタイトルで話していきますね。

   

読者ターゲット。(読んで欲しい人)

タイトルに興味を持った人。

 

ゴール。(この記事を読んで得られること)

タイトルの意味がわかる。

 

では書いていきます。

目次。

1 僕の環境。

2 僕が育ったのは◯のおかげ。

3 人が変わるけっかけとは?

 

1 僕の環境。

   

僕の話をします。

 

僕の環境は正直、かなり良いとはまったく言えません。

 

父親は話す力も聞く力も弱く、会話力ではまったく参考になりません。ただし社会保険労務士行政書士宅建マンション管理士などの資格に50代で受かるほどの根性の持ち主でした。

 

母親は全般的に能力が高くありません。

 

しかし生活面では随分と助けられており感謝しています。

 

そして高校は3流以下の高校であり、僕だけが唯一日東駒専レベルに現役で一般入試に受かったのです。その話は以下の記事で書いています。

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

2 僕が育ったのは◯のおかげ。

 

僕が育った理由はほぼ全て独学です。

 

つまり本であり参考書です。

 

20代は本ばかり読んでいました。(ネット環境が整っていなかったのと引きこもりでしたから社会経験も積めませんでしたし、金もなく持病もあったからです)

 

しかし本を大量に読んだことの効果は高かったです。

 

下手に会社で二流以下の上司などから学ぶより良かったと思います。

 

超一流の人が基本的に本を書いていますから、そのノウハウを直接指導じゃなくても盗めるのは大きかったのです。

 

ですが実践の場がなく、単なる知識蓄積期であり、物知りというだけでした。

 

30代はネットが飛躍的に普及しており、SNSで出会いを求め、社会経験も独自に積むことができました。

 

僕には指導者がいませんでした。敢えて言えば本です。

 

本の知識を基に考え、試行錯誤して自分なりのノウハウを貯めていきました。

 

そしてその間、ほぼ誰も助けてもくれず、支援もされていません。(世の中、そんなものです。逆に僕を利用しようという輩は大勢いました。ほとんどがそうです)

 

本や参考書やネットがなかったら僕は成長していませんね。

 

人脈も乏しく、環境が整っていないのですから当然です。

 

3 人が変わるけっかけとは?

  

では一般的に人が変わるにはどのような手法があるのでしょうか?

 

大前研一氏は以下のように言っています。以下のブログから引用です。

いつの間にか大前研一さんの「人が変わる方法」をやっていた2011年まとめ | Learn by doing

 

人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。

 

もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。かつて決意して何か変わっただろうか。行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

 

そして時間、場所、友人の中でどれか一つだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることがもっとも効果的なのだ。 by 大前研一 以上、ここまで。

 

 時間配分、住む場所、付き合う人の3つを変えるしか人間は変わらないそうです。

 

または一般的に僕が人が変わるきっかけだと思う点はTV番組(東大受験でいえばドラゴン桜などのドラマ)や漫画(竜馬がゆくなど)や(僕はたくさんのビジネス書できっかけを得た)やリアルな人(尊敬できる出来る人間、またはとことんできないひとを見て「こうはなりたくない」という反面教師など)からでしょう。

 

リアルな人付き合いがきっかけで変わるということはよくあります。

 

僕の場合はほぼ引きこもりでしたから本が大きかったです。

 

超一流人の本によるモノの見方や考え方を読んでこれは凄いと思い、こうなりたいというロールモデルがいくつもできました。

 

20代は大前研一さんなどでしたかね。

 

このように環境がそこまで良くない中でのし上がるには「何かのきっかけ」が必要であり、僕の場合は本でありSNSでしたが、読者の方も似たような環境の方いるとしたら何か参考にしてもらえたら幸いです。

 

ちなみにコミュ力についてはSNSなどでリアルに上手いコミュ力がある人と出逢うのが一番だと言っておきます。百聞は一見に如かずというか、読書では得られないものです。

 

ではこの辺で。