スマホで読めて真の実力者になれる「世の中取扱説明書」

スマホで読めます。通勤時間や隙間時間に忙しいビジネスマンや時間を持て余している学生さんなどに読んでもらいたいです。真の実力者になりましょう。

「嫌われる勇気」というビジネス書がいらない考え方。(原作はアドラーの著書)「健全に見下す意識を持つ」」PART4

どうも、「世の中取扱説明書」です。

 

「嫌われる勇気」というビジネス書がいらない考え方。(原作はアドラーの著書)「健全に見下す意識を持つ」」というタイトルで話していきますね。

 

人は他人の評価を気にする生き物です。

 

まったく他人の評価を気にしない変わった人も世の中にはいると思いますがどちらかと言えば少数でしょう。

 

それでここからが本題なのですが「嫌われる勇気」という本がミリオンセラー突破したように「あまり他人の評価を気にしないで生きたい」というニーズはけっこうあると踏んでいます。

 

その他人の評価に振り回されない価値観の持ち方を紹介します。

 

読者ターゲット。(読んで欲しい人)

「嫌われる勇気」の本を読んだことがある人。

人間関係で嫌われるのが怖くて付き合いに疲れた人。

 

シリーズの記事を読むことで得られるメリット。

「嫌われる勇気」の本とは別の切り口からの人間関係の洞察が得られる。

嫌われるのがそこまで怖くなくなる。

 

PART4です。

 

目次

1 他人への判断軸・評価軸がない人からの評価は当てにならないのだから受け流せ。

2 相手への期待値を上げるな。

3 自分自身がある程度、他者の期待に応えている・役割を全うしているのだから「それ以上」を

期待するな

4 ネット社会での処世術(いい人になるな)

5 他人の評価・競争より自分との競争に意識を向けろ&暇人になるな

 

 

f:id:yononakatorisetu:20180307203055j:plain

4 ネット社会での処世術(いい人になるな)

 

 

ネット社会というものは匿名性ゆえに普段の対面とは違う世界が繰り広げられています。

 

対面では弱気で強気に出られない人でもネットでは強気に出る性格の人もいます。

 

匿名性ゆえに人格が変わるのです。

 

そしてこのネット社会で上手く世渡りするには「不快な書き込み」をする人は容赦なくブロックすることです。

 

その「不快な書き込み」をする人達は「人生が基本的に上手くいってない人達」だと推察されます。

 

人生が上手くいっているか自分の人生で頑張っている人は他人のことにそこまで気にかける必要性が薄いからです。

 

つまり上手く言っている人を引きずり下ろしたいという嫉妬からの書き込みなのです。

 

人間は人生が上手くいっていない時2種類の行動をします。

 

1つ目の行動は「他人を引きずり下ろすことで自分を相対的に上に上げること」をします。

 

2つ目の行動は「自分の地位をあげようと頑張ること」をします。

 

ネットでの批判・アンチ書き込みは大抵1つ目です。

 

自分が頑張って這い上がれないから有名人や上の人を批判したり迷惑行為をすることで鬱憤を晴らすのです。

 

よってそういう迷惑な人達は容赦なくブロックすればいいのです

 

いい人になる必要はありません。

 

健全な顧客差別をすればいいのです。

 

以下の記事でも書きましたけどね。

 

また以下の記事で「評価能力のない人の意見なんて気にするな」と書きましたが、一時的には不快感は感じるので、「そういう人達のことを考えるのも時間の無駄」なので即ブロックがいいと思いますね。

  

さてたまに健全な議論を展開したいという名目上の理由で書き込んでいる人もいますがそんな人は稀です。

 

大抵有名人に絡む人は有名人に絡むことで「自分を有名にしたい」かもしくは「有名人を下に引きずり下ろしたい」かです。

 

または有名人バッシングのブログ記事を書けばアクセスが集まりやすくなります。(有名人に同じく嫉妬している連中がわんさかいるからです。人生が上手く言っていない上に有名人を下に引き下ろすことで相対的に自分の地位が上がると思っている人たちです)

 

こんな人たちを相手にするのは人生の壮大な無駄です。

 

よって即座にブロックするのが良いと思います

 

限りある人生の時間です

 

人を消耗させ、時間や労力を奪う人たちとは関わらないようにしましょう。

 

ブログにせよファンサービス系(芸術家など)は健全な顧客差別をしていいと思います。

 

つまり「わかってもらえるファンにだけわかってもらえればいい」のです。

 

わかってもらえない人(つまり、クレーマーに近い)にわざわざ労力を注ぐほどサービス側も暇じゃないのです。

 

わざわざ嫌味なコメントを書き込む層は「人生が上手くいってない」「自力で自分の人生を頑張り這い上がる力がない(よって他人を引きずり下ろすことで相対的に自分が上に立ちたい)」「絡むことで有名になったりアクセス数増加を目論んでいる」などの理由があるので関わらない方がいいです。

 

即ブロックでいいと個人的には思います。

 

ネット社会処世術でした。

 

参考・引用文献。

「嫌われる勇気」

「幸せになる勇気」

 

 

PART5に続きます。

yononakatorisetu.hatenablog.com