世の中取扱説明書「本モノ」

本物の本やモノなどを紹介し、世のトリセツとなるようにします。

Wordpressブログの成功秘訣「考えるより行動。まず動け」とよく言われるが、僕は間違いだと思う。

どうも、「世の中取扱説明書」です。注意(Wordpressブログの過去記事です)

 

Wordpressブログの成功秘訣「「考えるより行動。まず動け」とよく言われるが、僕は間違いだと思う。」というタイトルで話したいと思います。

 

「考えるより行動派の人」や「行動より考える派」の両方の人に読んでもらいたいです。

 

僕自身が気づいたコツです。

 

目次。

 1 僕の過去の失敗歴。

2 成功のコツが判明。

3 僕の今後のサイト運営方針と自己開示の大事さ。

 

 

では書いていきます。

 

過去、僕は「熟考型」で考えすぎる傾向があり、アフィリエイトや情報起業が流行った2000年代もそんなので本当に稼げるの?となかなか動きませんでした。

 

その後、翻訳家(20代後半)やビジネス書読みまくり時代(コンサル系に憧れる)があって、35歳頃から謎の執筆期間が5年ぐらいあり今に到ります。

 

20代までは考えすぎて動けない傾向が強かったので、その反動からか30代以降は考えずに行動するようになり、その結果「ブログを10個ぐらいは作っては潰して」を繰り返しました。

 

行動量でそのまま成功すれば万事OKでしたが僕にそういう才覚がないようでした。

 

やはり成功するにはコツがあり、そのコツが何なのかを独学で誰にも聞かずに見つけるのは無理だったのです。(今は本や他人のブログを見まくっています)

 

そして以下のサイトを見ました。「アフィリエイトで月収285万円達成!!これまでの経緯をまとめました」というタイトル記事です。

tech-swing.net

 

これを読んだ後、ブログに対する見方が一変しました。

 

以下、引用します。

アクセスの集まる記事の書き方。

1 お題(狙う)ワードを決める。

2 検索して上位20件をくまなく読む。

3 それらに勝てるページを作る。

詳しくは記事を読んで欲しいのですが、これは検索エンジンから流入を狙うブログを作るのには最強の戦略だと思いました。

 

キーワード選定の大事さは最近学んだのですが、検索して上位20件をくまなく読むという発想はありませんでした。 (せいぜい、3記事ぐらいよんでそれらをまとめた記事を書けばOKだろうと思っていたのです)

 

ですがこの人は20件を読んでいる。。。(だから、1日に10時間労働をしていたのですね)

 

そしてこれらの全てに勝てる記事が書けると思ったら書き始めるというのです。

 

これは「考えるより行動。まず動け」とは真逆の行動です。

 

まず徹底的に調査し、調べ尽くし、それでも自分がそれらを超える記事が書けるなら書くという差別化戦略なのです。

 

僕はサイトの運営方針を今、考えており「グラさんのフリーランスSNS フリーランス仲間でネットビジネス&プログラミング等で在宅で副業以上を稼ごう」 で行こうか悩んでいるところですが、やはり最初にどの立ち位置(ポジション)で行くべきか考え尽くした方がいいと思います。

 

競合が強いテーマを選んでブログを作っても勝てないからです。(自分がそれらのライバルより強いなら別)

 

僕はまず調査だと思い知り、「まず巷の成功しているアフィリエイターやブロガーの記事」を全部読み尽くそう」と決めました。

 

その後にブログ方針を決め、勝てる土俵を見つけ、ブログ記事も地道に勝てる記事を量産していったほうがいいと思いました。

 

今、読んでいるブロガー・アフィリエイターが以下の人たちです。(Twitterの名前です)

まなぶ@仮想通貨。(manabubannai) (最近、月収100万超えたそうです)

ひつじ。(hituji_1234)

はた@ブログ/英語。(hata_blog) 

まだ探します。

 

そして最後に僕に決定的に欠けていたことが身元バレを恐れ、自己開示をしなかったことです。

 

これは読者には敏感に悟られます。

 

僕は今後のブログ運営では自分の過去もだいたい開示し「結果的に稼げれば過去のダメなときも伝説になる、いい思い出になる」と思うのでこれから頑張っていく過程を正直に示すブログにしたいと思っています。

 

もちろん身元バレは親や兄弟は嫌がるかもしれないので、ある程度伏せつつもできる範囲内で自己開示したブログにしたいと考えています。

 

読者の役に立つ記事になれたら幸いです。

 

とここまで偉そう?に記事を書いてきましたが、僕自身はWordpressブログは1週間も経たず辞めました。以下の記事で詳しく書いています。

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

まぁ、挑戦しただけマシということにします。(自戒を込めてこの記事を残しておきたいと思い公開しています) 

 

今後、しばらくははてなブログで活動する予定です。