スマホで読めて真の実力者になれる「世の中取扱説明書」

スマホで読めます。通勤時間や隙間時間に忙しいビジネスマンや時間を持て余している学生さんなどに読んでもらいたいです。真の実力者になりましょう。

「日本の選挙システム」日本での選挙を左右するのはメディアと証明されたか?

どうも、「世の中取扱説明書」です。

 

「日本の選挙システム」日本での選挙を左右するのはメディアと証明されたか?というタイトルで話していきますね。2017年の記事です。

 

読者ターゲット。(読んで欲しい人)

タイトルに興味を持った人。

 

ゴール。(この記事を読んで得られること)

タイトルの意味がわかる。

 

では書いていきます。

目次。

1 「内閣支持率が67%を超えたという記事への僕の裏読み話」の簡単な要約。

2 小池勢力圧勝という結果。

 

1 「内閣支持率が67%を超えたという記事への僕の裏読み話」の簡単な要約。

 

僕は以下の記事で仮説を立てました。「内閣支持率が67%を超えたという記事への僕の裏読み話」

yononakatorisetu.hatenablog.com

 

簡単に要約します。

 

高支持率のときは反対派がわざわざ動く可能性があるということです。アメリカでは実際に隠れトランプがかなりいました。アメリカのメディアは信頼されておらず、メディアの報道通りにはいかないのです。

 

対して日本では高支持率通りに行くのではないか?と予測を立てました。なぜなら日本国民は従順であり、メディアを信頼しているからです。

 

もちろん一番勝ちやすいのはもしかしたら無党派層が動かない、国民が無関心で組織票が入る選挙かもしれないとも付け加えていますがやはりメディアの報道次第と書きました。 

 

2 小池勢力圧勝という結果。

 

そしたら以下の記事で、小池勢力圧勝との結果が出たそうです。

 

 

メディアが自民党に逆風を吹かせたのですがその通りに選挙結果が出ました。やはり僕の仮説に近い通り、日本ではメディアの報道次第で選挙はかなり決まるようです。

 

今後の選挙も同じ傾向がおそらく続くと思われます。(何か大きな異変がない限り)

 

では短い記事ですがこの辺で。